産業看護師のおシゴト 〜求人の探し方、仕事の魅力が全部解る!〜

2014/09/19 11:58:19 |

企業看護師は従業員の健康相談に乗るという業務があります。その中でも特に最近はメンタルヘルス対策に関する相談が増えています。うつ病をはじめとして、一般にも心の病のあることは広く浸透しています。そこで心の健康状態の相談が増えてきています。

 

また従業員の中には、自分が過剰にストレスのたまっている状態に自覚していないケースもあります。そこで従業員の様子などを観察して、少し様子のおかしい従業員がいれば積極的に声掛けをして、症状の進行を和らげる必要があります。

 

その他の企業看護師に求められる仕事として、過重労働対策もあります。長時間労働をはじめとして労働者の問題も、ブラック企業をはじめとして徐々に注目されています。過重労働に該当するような従業員がいないかどうか確認をしましょう。もし過重労働に該当する人がいれば、産業医などと連携して診察を受けさせて肉体的な問題が起きていないかどうか確認させる必要があります。

 

企業看護師の仕事内容をさらに詳しく知りたい方は、当サイトの他のページと併せて「産業看護師を知りたい!企業の求人チェックの前に知っておきたいこと」というサイトをご覧いただくといいと思います。求人を探す前に基本的な知識を身に付けておきましょう!

2014/08/20 13:57:20 |

企業看護師の役割は、とにかく健康的に社員に過ごしてもらうことにあります。そのために社員の健康狩りをすることもさることながら、社員それぞれが健康面のケアを自分で行えるようにすることも大事です。そこで企業看護師が必要に応じて社員それぞれに、集団教育を行うケースも出てきます。

 

たとえばメーカー工場などで仕事をしている人に対して、時に化学物質や高熱作業を強いられることもあるでしょうから、考えられる危険性と対策に関して指導するケースもあります。

 

その他には最近の流れを意識した教育を求められるケースがあります。特に最近、飲酒運転に対する風当たりがさらに強くなっています。そこで社員に対して、アルコールと運転に関する正しい知識を持ってもらうための啓もう活動を行うこともあります。

 

また禁煙もブームになりつつあります。そこでタバコをやめたくてもやめられない人に対して、禁煙のやり方に関してレクチャーする看護師などもいます。

2014/08/20 13:57:20 |

企業看護師は会社の中に設置されている医務室などに入って仕事をします。医務室に時には、従業員がやってきて健康面に関する相談をしてくるケースもあります。そこで必要に応じてアドバイスや保健指導を行うこともあります。ここで重要なのは、素人に対していろいろなアドバイスを行わないといけないという点です。

 

ですからいくら専門用語などを使って説明しても、医療に関する専門的な知識を持っていない人が聞いたところで全く理解できません。医療の知識を持っていない人でもわかるような言葉を使って説明するにはどうすべきかを常に意識して業務をすることです。

 

また個人の健康状態を常日頃から見るようにすることで、会社全体の状態を把握できるようになります。従業員の健康状態が思わしくない原因を調べていくと、実は会社の勤務環境に問題があったというケースも出てくるかもしれません。その場合には、会社の経営陣に対して環境改善の提言を行うこともありえます。

2014/08/20 13:57:20 |

看護師の中には一般企業で働く人もいます。産業看護師とか企業看護師などと呼ばれます。一般企業で働く看護師の仕事内容の中でも重要なのは、健康診断の実施です。多くの会社で年に1回程度のペースで、全社員を対処にして健康診断を実施しています。健康診断の企画を作成して、実際にその計画通りに準備をして実施します。

 

健康診断を実施する際には、日程や場所の調整をする必要があります。各部署とも業務を抱えていて、そのスケジュールの合間を縫って健康診断を受ける形になります。ですから他の部署の担当者とのスケジュールを調整する仕事もこなさないといけません。また健康診断をするにしても、コストがかかります。予算調整も予算を担当している部署としていかないといけないので、前もった準備が求められます。

 

健康診断の結果は、企業看護師の方に情報がフィードバックされます。その中で気になる結果の出た従業員に対しては、必要に応じて健康指導を行います。

2014/08/20 13:57:20 |

企業看護師になったら、従業員が勤務中に体調の悪化を訴えた場合に初期対応をする必要が出てくると思ってください。特に企業によっては、化学物質のような危険性の高い物質を取り扱うような所もあります。また製鉄所の場合、溶けた鉄などを使いますので高温の環境にさらされます。特に夏場になると、熱中症をおこす従業員が出てくる可能性も考えられますので、その対策も求められます。

 

柔軟にどのようなことが起きたとしても、対応できる能力が必要です。また産業看護師として仕事することになった場合に、その会社の特徴などを見て、どのような症状を抱えた従業員の来る可能性があるかを考えておきましょう。

 

そして起こりうる事態と、もしそれが実際に起こったらどのように対処をすべきかを日頃から検討するのが大事です。できれば起きうる事態のためのマニュアルなどを作成しておくと、実際に事が起きたときにスムーズに対処ができます。また自分では処理しきれない場合に、どの病院と連携をとるかということも考えておく必要があります。